サイト更新情報

 

マイナビ転職、マイナビバイト、、マイナビ新卒などのキャンペーン情報、雇用マーケットに関するニュースをお届けいたします。

 
  • 幸一郎 永見

Googleしごと検索(Google for Jobs)が日本で掲載可能に!

最終更新: 2019年4月8日


そもそも、Googleしごと検索ってなに?


Google しごと検索は、Googleがに2019年1月23日にスタートさせた求人サービスです。


これまで人材募集をするとといえば、マイナビ転職やリクナビNEXTを始めとする求人広告に掲載することが一般的でしたが、Google しごと検索に掲載することにより、Googleの検索結果に自社のWebサイトで掲載している求人情報が表示されるようになります。求職者と企業の接点を増やすためにぜひとも導入したいサービスです。Google しごと検索は、ウェブ上の転職・求人情報サイトや企業の採用ページなどから求人情報を探して検索結果に解りやすく表示します。また、求職者は[渋谷 バイト][営業 正社員]など使い慣れたキーワードをGoogleの検索ボックスに入力するだけで、ニーズにあった求人情報を得ることが可能になります。


Googleしごと検索の掲載メージ

Google しごと検索の効果事例


人材採用に関わる多くの方がGoogle しごと検索(Google for jobs)を導入することで採用広報がどのように変わるのか、応募効果はどうなのか、気になっていると思います。実際に、Google しごと検索を導入した企業が、その効果を報告しているため事例としてご紹介していきます。

Google しごと検索(Google for jobs)は2017年6月にアメリカでリリースされ、その後アフリカやヨーロッパの約100ヶ国に広がってサービスが提供されています。


ZipRecruiterの事例

Google しごと検索を活用してコンバージョン率を 4.5 倍に増加

ZipRecruiterとは、企業の求人情報を一度の投稿で複数のSNSやジョブボードへの掲載・配信する仕組みをとるアメリカの求人サービスの一つ。 Google for jobsの影響を受け、下記のように大きく成果を伸ばしています。

  • Google 検索からのコンバージョン率は他の検索エンジンに比べて 3 倍

  • Google オーガニック検索のコンバージョン率が以前の 4.5 倍に増加

  • Google 検索から求人ページにアクセスしたユーザーの直帰率が 10% 低下

  • 非ブランドキーワードの月間オーガニックトラフィックが 35% 増加


Jobrapido の事例

Google しごと検索の活用によりオーガニックトラフィックを 2 倍以上に増加

Jobrapido は、求人情報検索エンジンのグローバル リーダーとなっている企業の 1 つで、毎月 2,000 万件以上の求人情報を提供し、登録ユーザー数は 8,000 万人を超えます。

  • オーガニックトラフィックが 115% 増加

  • Google の新しい求人情報検索機能のリリース以降、オーガニックトラフィックからの新規ユーザー登録数が 270% 増加

  • Google 検索から求人ページにアクセスしたユーザーの直帰率が 15% 低下


Googleしごと検索の特徴


Google しごと検索はとにく目立つ!


Googleしごと検索掲載イメージ

検索結果の1ページ目に表示されるため、非常に目立ちます。コンテンツ表示の順番としてはリスティング広告>google しごと検索>通常検索の順番となっており,indeed、やマイナビ転職、リクナビNEXTなどの求人サービスよりも上位表示されます。自然検索の1・2位がGoogleしごと検索(Google for Jobs)の上部に表示されるケースもありますが、多くの場合は上記の順番で表示されています。検索結果画面で1番目立っているのは、Googleしごと検索よって表示されている広告エリアです。検索結果の上部に表示されており、検索キーワードによっては企業レビューも表示されることがわかっています。従来であれば、「indeed集客を制することができれば、求人募集に困ることはない。」と、ウェブコンサルタントたちの間で話し合われていました。しかし、Google しごと検索の機能が登場した今、indeed集客に依存するのは、あまりにもリスクが高すぎるといえるでしょう。


Googleしごと検索は広告ではない

Indeedは求人情報サイトなので、結局は有料広告です。課金をすれば上位表示されるという仕組みになっています。

一方で、Googleしごと検索は広告ではありません。そのため、上位表示するために課金をするということは基本的にはできないといった特徴があります。

Indeedは一般検索(もしくはリスティング広告)での表示ですが、お金をかけなくても一般検索より比較的上位に表示されるのがGoogleしごと検索です。


求人情報の保存が可能

求人情報の中でも、「あとで、もっと詳しく見よう。」と感じれば、すぐに保存できるようになっています。Googleしごと検索の求人情報の右側のリボンのようなものをクリックすれば、保存が完了します。

保存された求人は、保存済みの中に管理されます。この機能を利用すれば、後日、求人を見失ってしまうことがありません。

条件に見合った求人が公開されるとメール通知が届く Googleしごと検索には、アラート機能が搭載されています。自分の希望する条件と見合った求人が公開されると、メールで知らせてもらえます。そのため、新たな求人情報を見逃してしまうことがありません。


Googleしごと検索が日本の採用マーケットに与える影響

人材の採用において重要なのは、「いかに求職者の見てもらうか」と、「求人内容と求職者のマッチング」です。 検索エンジンで最大手のGoogleで検索した際に1ページ目の目立つ位置に求人情報がでるわけですから、閲覧する求職者が増えるのは間違いありません。

又、マッチングについても最終的には自社サイトの求人ページにて求職者とのマッチングを図るのですが、google analyticsに代表されるサイトの分析ツールをつくことで、常に求人サイトをアップデートし続けることでマッチングの精度を上げることがきます。

最終的には、「採用予算」を抑えた形で採用活動が可能になるかと思います。

「求人サイトへの掲載から自社サイトの充実化」これが採用マーケットに与える一番大きなインパクトかと思います。




34回の閲覧

最新記事

すべて表示